事務職から製造業へ転職された方の体験談

2019年4月19日

これは、事務職から製造業へ転職し、自分の時間と金銭的余裕を手にした方の体験談です。

 

私は少し前に事務から製造業へと社会人になってから通算3回目の転職を成功させました。

 

今回はそんな転職経験が少し多い私が前職と現職を比べて良かった点や反対に大変だと感じた点を書いていこうと思うので、

今の職場に不満があって転職を考えている人など参考にしていただければ幸いです。

 

【転職して良かった点】

・年収が上がった


一つ目は年収が前職に比べ大幅にアップしました。具体的には私の場合30~50万円程年収が上がりました。


年収が上がるということは皆さんご存知の通り様々なメリットがあります。


まず、日々の生活に余裕が生まれます。

 

以前は毎日ギリギリの生活をしていたこともあり、贅沢は勿論できませんでしたし食費もできる限り削っていました。


また、私は趣味で釣りをしていたのですが釣り竿やそれに関するアタッチメントも当時の給料では購入するのに躊躇ってしまい結果的には趣味からどんどん離れていき、

休日は家にこもって寝ているだけといった無気力な生活をしていました。


しかし、今では給料が上がり日々の生活に余裕が生まれ始めています。

 

日々の食事に関しても自分へのご褒美として大好物のラーメンを食べるなど外食の回数が増えました。

 

また、しばらく離れてしまっていた趣味である釣りも再開しました。


今では、休日は外出し釣りやショッピングに出かけるなど家に閉じこもっていたばかりの以前の状態と比べ健康的な生活を送れています。


このように、年収が上がることによって日々の生活に余裕というものが生まれ肉体的にも精神的にも良い効果が生まれると感じました。


・残業や休日出勤が減り時間に余裕が生まれた

前職は日々の残業や休日でも出勤が当たり前の上に残業代もあまりないという、いわゆるブラック企業的な職場でした。


そんな職場環境で仕事をしていた私は、

仕事を朝早くから夜遅くまで行い帰宅したらご飯と風呂を済ませて寝るだけといった生活を送っていました。

 

休日も仕事の疲れからか外出などアクティブなことをする気が起きず

日中寝て次の日の仕事のことを考えて憂鬱な気分になるといったようことを繰り返していました。


このような生活を繰り返しているうちに自分の人生はいったい何なのだろう

趣味も満足にできないこんな生活をしているこんな人生に何の意味があるのかと考え始め転職を決意しました。


転職をして製造業になってからはほとんどの日は定時で帰宅することができますし、たまに残業をしてもしっかりと残業代が支払われます


業種を変えてことによって肉体的には少し厳しくなりましたが

早い時間に帰宅できることでしっかりと疲れをとることができます。

 

また、休日もしっかりと休むことができるの趣味の釣りにも時間を充てることができるようになりました。


また、私には同棲している彼女がいるのですが転職して顔色が良くなったし、

毎日楽しそうになったと言ってくれます。

 

将来この彼女と結婚を考えていますが、

そうした際も家族との時間を大切にしたいと思っています。

 

前職のように毎日夜遅くなってしまうと家族との時間が減ってしまいますが、

定時で帰ることのできる現職のような環境であれば家族と過ごす時間が多くなるので現職を続けていきたいと思っています。

 

【転職して大変だと感じた点】

・人間関係をはじめから築かなければならない


転職すれば当然のことですが新たな職場で人間関係を築かなければなりません。

 

前職がブラックな環境でありながらなかなか転職に踏み切れなかった理由は職場の人間関係は非常に良かったからです。


コミュ障気味な私は転職しても人間関係を最初から築くのが面倒に感じなかなか転職に踏み切ることができませんでした。


そしてなにより人間関係というものは実際に入社してからでないと分からないです。

 

年収や年間休日数などの福利厚生、転勤の有無などの待遇面は事前に分かりますが実際に自分が働く職場の人間関係は事前の情報では分かりません。


実際に知人もとても待遇の良い企業に転職をしたのですが一ヶ月で退職してしまいました。

 

理由を聞いたところ、職場でのパワハラや派閥など人間関係が原因とのことでした。


私も未経験から現職に転職したので、

初めは仕事がうまくいかなく先輩や上司にもたくさん注意を受け辞めたいと思ったこともありました。

 

しかし、ここで辞めたら今後も同じことを繰り返すと感じ仕事を続けました。

 

そして、しばらくして仕事が慣れてきたら周囲の人と打ち解けることができ、

今では冗談を交わせるようになり良好な人間関係を築くことができています。


人間関係があまりにひどい場合は無理をしない方が良いと思いますが、

はじめはうまくいかなくてもその仕事を続けていくうちに人間関係が良くなるということもあるのであまり気にしないことをオススメします。


・待遇が悪くなる可能性がある


私の場合は転職に成功したと心から感じていますが、

人によっては待遇面が求人票と違うなど転職に失敗してしまうことがあります。


対処法としては転職エージェントを利用することや企業の口コミを応募前にしっかりと確認することが大切だと思います。

 

【最後に】
転職というのは怖いし面倒なことです。

しかし、一歩踏み出すことで現状より良くなる可能性があります。

今の日本は好景気で売り手市場なので今の職場に不満がある人は恐れず転職に挑戦することをオススメします。