スポンサーリンク

レンタルウォーターサーバーのメリット・デメリット大公開!!

スポンサーリンク

レンタルウォーターサーバーを利用してみたいなって思う家庭は年々増えていますので、これから我が家にも導入したいな!と思う家庭もたくさんいると思います。

今回はそんなウォーターサーバーを実際に運用していく上でのメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーのメリット

実際に運用してみて感じることは、夏場の水分補給で本当に便利ということです。

いつでもキンキンに冷えた水が飲めるってのは非常にありがたいですし、冷蔵庫で水を冷やしているよりも格段に冷えています。

ビールを飲む人ならすごく分かってもらえると思いますが、キンキンに冷えているだけでのど越しが格段に良いのです。

風呂上がりに飲む冷たい水ってのは非常においしく、ジュースを飲むよりも健康的に良いですしカロリーゼロなので飲みすぎても太るということはありません。

水太りでむくみそうなイメージがありますが、夏はその分汗をかくので問題なしです。

いのしし
いのしし

適度な塩分補給は必要だけどね!

更にお湯も出るので冬場でも大活躍します。

カップラーメンを手軽に作れたりコーヒーやインスタントみそ汁も手軽に作れちゃいます。

また、水道水を飲むのに衛生的に受け付けない人もいますのでその方はウォーターサーバーの導入を強くお勧めします。

基本的にちゃんとした運用をしていれば綺麗な水をおいしく飲むことが出来るので衛生面は大丈夫ですし、何よりも毎回の飲み物を買ってくるという手間が省けます。

いのしし
いのしし

レンタルウォーターサーバーだと業者が水を配達してくれるんだよ~

最近ではマンションの受水槽の中に入って泳ぐというバカッター行為を行っていた事件もあったので、自分の生活する上での水の確保はしておいたほうが良いです!

受水槽で泳いでいた事件はこちら↓

衛生面では十分なので、赤ちゃんの粉ミルクを作る際に使用しても安全ですしペットの飲料としても手軽に出せるので非常に便利です。

ただし、ウォーターサーバーの中にはミネラルを添加しているものがあるので、そちらは赤ちゃんやペットにはあまり良くない影響が出る可能性がありますのでミネラルが入っていないタイプの物をお勧めします。

あと、レンタルウォーターサーバーって会社によっては月にお金がかかるところもありますが、基本的には無料ですので水の料金しかかからないのです。

12ℓあたり1500円ぐらいが目安と考えていいでしょう。

あとは電気代やサイズ、性能の違いや水の種類の違いなど無いようで意外と違いがあるので契約する前にはしっかりとした下調べが重要になってきます。

各社のウォーターサーバー情報はこちらの記事でまとめてあります。↓

ウォーターサーバーのデメリット

気になるウォーターサーバーのデメリットなのですが、水を使用している面では交換がめんどくさいことや水のボトルの保管に場所を使ってしまうといったデメリットが存在します。

水のボトルは一本で基本的に12ℓ入っていますので12kgですから結構な重労働になってしまいます。

水の保管場所も12ℓとなると結構大きいのでスペースを大きく使ってしまいます。

更に、保管方法があまりよろしくないとボトルの中で雑菌が繁殖してしまい、せっかくきれいな水を飲むためにウォーターサーバーを導入したのにかえって危険な状態になってしまいます。

また、月に一度水を注文しないと罰金みたいな料金が1000円ほど発生することもあります。

ごるちゃん
ごるちゃん

罰金怖いごる~!!

しかし、これらのデメリットは従来のものであり、最新の次世代型レンタルウォーターサーバーにはそういったデメリットは一切存在しません。

簡単にいうと、元の水は水道水でウォーターサーバーの中でろ過して綺麗にしてから冷水や温水を作り出すというものです。

元が水道水なので従来のレンタルウォーターサーバーのような交換が必要ありませんし、ボトルの保管場所にも困りません。

ボトルを毎回注文する必要もないので当然注文しなかった罰金などは一切発生しません。

飲む水は直前にろ過されるので衛生面は完ぺきで従来のデメリットを完全に克服してしまいました。

費用も月の支払いが3000円程度の物もあり、その中にメンテナンス料金やろ過アタッチメントの交換費用が含まれているのでトータルで見ると従来型よりもお得中毒になっています。

日々の水道代+3000円で綺麗な水と冷水・温水を自由に使える生活が手に入るのでかなりお勧めです。

ごるちゃん
ごるちゃん

定額で美味しいお水を毎日飲めるなら欲しいごる~!!

いのしし
いのしし

でも、こんなに良い条件だと絶対何か裏がありそうだな~

ただし、従来型と次世代型でも大きな共通のデメリットがあるのですが、一度契約すると解約料金として約1万円~程払わないといけないというデメリットがあります。

ですが、レンタルウォーターサーバーがある生活は非常に快適で毎日の水分補給が手軽で美味しいので一家に一台置いていて損はないです。

ウォーターサーバーの中では乗り換えキャンペーンなどを行っている会社もあるので、万が一このウォーターサーバーはいまいちだなって思ったら乗り換えキャンペーンに便乗してお得に乗り換えてしまえばそれでいいのです。上手く利用すれば違約金を実質0まで減らすことが出来ます。

いのしし
いのしし

ウォーターサーバー自体は非常に良いものだから、あとはどの会社を選ぶかが問題だったけど、これなら失敗しちゃっても何とかなりそうだね!

ウォーターサーバーは家に必要なのか?

正直な感想でいえば、ウォーターサーバーは無くても十分に生活できます。

あれば非常に便利。

それだけのことです。

毎月お金を支払って美味しい快適な生活をするか、今まで通り普通の生活をするか。それだけの違いです。誰しもが水分補給は水ってわけではないので無くても全然良い人もたくさんいますが、冷たい水は本当に美味しいので毎日ジュースで水分補給をしている人は、それを水に変えただけで相当健康的な体になっていくはずです。

娯楽は何でもお金がかかりますので、自分の生活をオシャレに質の良いものにしていくのにウォーターサーバーは一家に一台あってもいいんじゃないかなと僕は思います。