デュエルマスターズのアプリリリースによる遊戯王への障害

最近デュエルマスターズのアプリがリリースされて二週間ほど経ちましたが、率直な感想で言うとめちゃくちゃ面白いです。

昔にデュエルマスターズをやっていた人ならば分かるのですが、昔のカードが初期デッキとしてかなり充実しており、無課金状態でも非常に楽しくプレイすることが出来ます。

では、どうしてデュエルマスターズのアプリが出たことで遊戯王に障害があるのか?

デュエマをやり続けることでの遊戯王への障害

これはデュエルマスターズと遊戯王を二つともプレイしたことがある人にしか分かりませんが、デュエルマスターズで攻撃をする際にはカードをタップします。

 

通常時

タップ時

 

上の画像の様に攻撃時はカードを横にするのが一連の流れなのがデュエルマスターズなのですが、遊戯王の場合にはカードを横にするのには守備表示という意味があります。

 

攻撃表示

守備表示

 

このように遊戯王の場合には守備表示にするときにカードを横にするのですが、デュエルマスターズをやりすぎてるとこの作業が遊戯王にも出てしまいます。

デュエルマスターズの攻撃方法をそのまま遊戯王でやってしまい、守備表示にしてしまうという障害が出てしまいます。

逆バージョンの障害もあり、遊戯王の場合には手札を5枚ドローしてからデュエルを開始するのですが、デュエルマスターズの場合では5枚シールドをセットしてから五枚ドローするのですが、遊戯王になれてからデュエルマスターズをすると手札を五枚引いてからシールドをセットしてしまいがちになります。




まとめ

異なるカードゲームで遊ぶとルールももちろん変わってしまうのでこういった間違いもしやすくなります。

間違ったプレイしてしまっても寛大な心で許してプレイを楽しみましょう!

当たり前の事を書いた今回の記事を読んでいただきありがとうございます(笑)

 

おまけ(時間が無い人は見なくて大丈夫です。)

みなさんはしっかりと運動されていますでしょうか?

僕はよく遊戯王カードで遊ぶためにショップのデュエルコーナーで遊んだりするのですが、そこにいる人たちのイメージってあまり良くないですよね。

僕が良く耳にするのは、「オタク」や「根暗」等々の印象を周りの方に与えていることが多いです。

これって本人たちの自由で楽しく遊ぶ分には全然気にしなくて良いと思います。

でも、なんでオタクや根暗が悪いイメージがあるかというと、弱弱しいからなんです。

やんちゃな人たちがカードゲームとかやっていたら、なんか怖くて近づけないし悪口なんかも言えないですよね。

せっかくカードゲームで楽しんでるのに、そんな悪口が聞こえてきたら気分も落ち込んでしまいます。

このイメージを変えるためには何が出来るのでしょうか?

男性の場合には、筋肉があるか無いかによってかなり印象が変わっていきます。



同じ人でも太っていたころよりも筋肉質になったほうがモテたという実績もたくさんあるぐらい、筋肉をつけるというのは非常に良いイメージアップになるのです。

【楽天ランキング受賞商品】家庭用EMSスーツ「Active」というスーツがあるのですが、これは着るだけで一日30分で全身の筋肉を無駄なく鍛えることが出来ます。

つまり、カードゲームをしながら全身を鍛えることが出来てしまうのです。

楽天ランキングを受賞し、三冠を達成している実績を持つこのスーツなら安心できるメーカーなので最近運動不足だなと思った方や、カードゲームをしていて馬鹿にされたことがある経験がある方は是非試してみてはいかがでしょうか?