スポンサーリンク

担任が生徒のSOSをごみクズのように扱った最低な出来事

スポンサーリンク

岐阜県市内の公立中学校でとある中学三年生がいじめを受けていたことを手紙にして先生に渡したところ、そこの担任は生徒のSOSである手紙をシュレッターに入れてゴミにしたのだった。

いじめを受けていた生徒はその後転落死をしている。

この事件はもちろんいじめた側の人間が一番悪いけれども、今回に限っては先生は救うことも出来たはずなのに、ある意味僕は加害者の一人だと思っている。

シュレッターにかけたということは明らかな故意であり、仮に間違ってやってしまったとしても何か行動派出来たはずだ。

何も行動しないSOSをゴミにしたということであれば、これは疑いようもなく加害者だと僕は思う。


僕もそう思います。シュレッダーにかけるってただ単に間違って入れゴミ箱に捨ててしまったのとはわけが違いますし、シュレッダーにかけるようなゴミと一緒に扱っていたってことですよね。


控えめに言って最低の下の下の教師ですね。

この教師にとっては生徒の命より出世が大事だったんですね。

そもそもいじめている奴が全て悪い。

教師も確かに悪かったが、いじめている奴を晒して謝罪させて有罪にしてほしい。


この教師を援護するわけではないが、確かに教師と言うものは残業の日々で疲労困憊して追い込まれていたのかもしれない。

今回の事件はいじめも教師も悪い胸糞悪い事件でした。なぜこのような事件は無くならないのでしょうか。

僕が思うには世の中がそういう風に出来てしまっているからだと思います。

生徒を助けたところで周りからは評価されるどころか下手をしたら余計な仕事しやがってと罵倒してくる上司もいるかもしれません。なら見て見ぬフリをしてしまおう。

そんな汚い考えが充満してしまっているから誰も助けない世の中になっていると思っています。

人のために何かを行って、その分だけ得をすることが出来る平和な世の中になってほしいものです。