スポンサーリンク

遊戯王で特定のテーマをメタるために作られたモンスター達

遊戯王で、特定のテーマそのものをメタるためだけに作られた特殊なモンスターをまとめてみました。

剣闘獣そのもののメタカードとして登場したのが、「G・B・ハンター」です。

G・B・ハンター

効果モンスター 星4/地属性/戦士族/攻1200/守2000

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 お互いのプレイヤーはフィールド上のカードをデッキに戻す事はできない。

剣闘獣は、戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、デッキの剣闘獣と入れ替わることができます。

しかし、このカードがフィールドに存在している間は、デッキに戻る効果を使用することができません。

剣闘獣モンスターは、このカードの守備力2000を突破することが基本的にできません。

「BF」を意識したネーミングとなっている「黒羽を狩る者」。「烏合の行進」のイラストでは「BF -そよ風のブリーズ」を追いかけているような描写があります。

黒羽を狩る者

効果モンスター 星4/光属性/獣戦士族/攻1700/守1000

相手フィールド上にモンスターが表側表示で2体以上存在し、 そのモンスターの種族が全て同じ場合、手札を1枚墓地へ送る事で、 相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する。

 

烏合の行進 通常魔法

自分フィールド上に獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれかのモンスターが存在する場合、 その種族1種類につき1枚デッキからカードをドローする。 このカードを発動するターン、自分は他の魔法・罠カードの効果を発動できない。

 

BF -そよ風のブリーズ  チューナー効果モンスター

星3/闇属性/鳥獣族/攻1100/守 300

このカードがカードの効果によって自分のデッキから手札に加わった場合、 このカードを手札から特殊召喚できる。 このカードをシンクロ素材とする場合、 「BF」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。

「BF」は、手札や墓地から次々に特殊召喚して大量に展開することが可能ですが、「黒羽を狩る者」のメタカードとしての性能は微妙です。

墓地肥やしテーマ「ライトロード」のメタカードとして登場したのが、「次元要塞兵器」です。次元要塞兵器は、デッキからの墓地肥やし全般を封じる能力を持ちます。

次元要塞兵器

効果モンスター 星4/闇属性/機械族/攻1700/守 200

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 お互いにデッキからカードを墓地へ送る事はできない。

このカードは、名前から「ライトロード」との関連性を見出すことはできませんが、「G・B・ハンター」「黒羽を狩る者」と同じくノーマルレアとして同じ時期に収録していることから、「ライトロード」メタカードとして登場したと見て良いでしょう。