スポンサーリンク

ユニオン・キャリアーの可能性

リンクブレインズパック3にて収録されるユニオン・キャリアーについて紹介していきます。

まずこのカードの可能性としては様々なデッキへの出張性能を兼ね備えた汎用性能を持っています。

ユニオン・キャリアーの効果

ユニオン・キャリアー

リンク・効果モンスター リンク2/光属性/機械族/攻1000

【リンクマーカー:右/下】

種族または属性が同じモンスター2体

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 (1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、 攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 この効果でデッキから装備した場合、 ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。

このカードはユニオンデッキの強化カードと思いきや、デッキのモンスターを装備することが出来るのでどのデッキでも主張することが出来る可能性を秘めたカードです。

一番相性がいいのはABCデッキでしょう。

ABC-ドラゴンバスター

ABC-ドラゴン・バスター 融合・効果モンスター

星8/光属性/機械族/攻3000/守2800

「A-アサルト・コア」+「B-バスター・ドレイク」+「C-クラッシュ・ワイバーン」

自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ、 EXから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。 (1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 (2):相手ターンにこのカードをリリースし、 除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を1体ずつ対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

ABCドラゴンバスターは融合召喚する際に融合は必要とせずに自分のフィールド・墓地のモンスターを除外して融合召喚することが出来ます。

なので自分のA・B・Cモンスターを二体素材にしてユニオン・キャリアーをリンク召喚してデッキからA・B・Cモンスター1体をデッキからユニオン・キャリアーに装備することによって装備カードとなったA・B・Cモンスターと墓地のA・B・CモンスターでABCドラゴン・バスターを融合召喚することが出来ます。


A-アサルト・コア

ユニオン・効果モンスター 星4/光属性/機械族/攻1900/守 200

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。 ●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、 このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 ●装備されているこのカードを特殊召喚する。 (2):装備モンスターは他の相手モンスターの効果を受けない。 (3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 このカード以外の自分の墓地のユニオンモンスター1体を選んで手札に加える。

このカードが墓地に送られたときには自分の墓地のユニオンモンスターをサルベージすることが出来るのでアドバンテージを得ながら素材にしていくことが出来ます。

B-バスター・ドレイク

ユニオン・効果モンスター 星4/光属性/機械族/攻1500/守1800

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。 ●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、 このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 ●装備されているこのカードを特殊召喚する。 (2):装備モンスターは他の相手の魔法カードの効果を受けない。 (3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。

このカードはフィールドから墓地に送られたときにデッキからユニオンモンスターをサーチすることが出来るのでリンク素材にすることでアドバンテージを獲得することが出来ます。

C-クラッシュ・ワイバーン

ユニオン・効果モンスター 星4/光属性/機械族/攻1200/守2000

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。 ●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、 このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 ●装備されているこのカードを特殊召喚する。 (2):装備モンスターは他の相手の罠カードの効果を受けない。 (3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札からユニオンモンスター1体を特殊召喚する。

このカードはフィールド上から墓地に送られたときに手札のユニオンモンスターを特殊召喚することが出来るので更に展開していくことが可能です。

 

フォトン・ギャラクシー

フォトン・オービタル

効果モンスター 星4/光属性/機械族/攻 500/守2000

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):自分メインフェイズに自分フィールドの「フォトン」モンスター または「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを 攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 装備モンスターは戦闘では破壊されない。 (2):装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。 デッキから「フォトン・オービタル」以外の「フォトン」モンスター または「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。

このカードも機械族・光属性なのでデッキからユニオン・キャリアーに装備して効果を発動することが出来ます。

装備されているこのカードを墓地に送ることでデッキからフォトンモンスターまたはギャラクシーモンスターをサーチすることが出来ます。

最後に

ユニオン・キャリアーは自身では限界がありますが、他に自分のモンスターがいればそれに合わせて何でもデッキから持ってくることが出来ますので無限の可能性があります。

とても可能性に満ち溢れているカードなので是非皆さん新しい可能性を探してみてください。