スポンサーリンク

F・G・Dって実はめちゃくちゃ強いんじゃない?

スポンサーリンク

リンクブレインズパック3にて収録されるリンクモンスターのL・G・Dが汎用リンク5モンスターになるのではないかと話題になり、ふと思ったのですがF・G・Dも実はめちゃくちゃ強いってことに気づいたんですよね。

F・G・D

融合・効果モンスター 星12/闇属性/ドラゴン族/攻5000/守5000

ドラゴン族モンスター×5

このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。 (1):このカードは闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。

DNA改造手術 永続罠

種族を1つ宣言して発動する。 このカードがフィールド上に存在する限り、 フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターは宣言した種族になる。

超融合 速攻魔法

このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。手札を1枚捨てて発動できる。 自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。




相手が5体モンスター出した後にDNA改造手術でドラゴン族に変えて超融合でF・G・Dを融合召喚出来たらめっちゃ気持ちいだろうなあ~とか思ったけど、実際は5体も並べられたら多分DNA改造手術を発動する前に無効にされるか破壊されちゃうよね(笑)

そう考えると一体で完結できるニビルてやばすぎだね!

原始生命態二ビル

効果モンスター 星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。 自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。 その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。 このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。