スポンサーリンク
スポンサーリンク

最強ストラクチャーデッキランキング5選!

スポンサーリンク

遊戯王は今までにたくさんのストラクチャーデッキが発売されていますが、ぶっ壊れすぎてるストラクチャーデッキや、バランスの取れたストラク、一部のカードのみが強いストラク等様々なものがあります。

いのしし
いのしし

今回は僕の個人的な偏見でストラクチャーデッキランキングベスト5を考えてみました!

意見や賛同は下のコメントの方で受けますので、是非最後まで読んでいただいて感想をいただけたら非常に嬉しいです。

なお、今回のストラク最強ランキングは完全にストラクチャーデッキのみで構築することが出来ることを前提としていますので他のカードと組み合わせたら化けるデッキでも、評価が下がってしまう可能性があるのでご了承ください。

また、禁止や制限がかかる前のストラクの性能を重視し、ペンデュラムに関しては昔のルールで考察していきたいと思います。

それでは個人的最強ストラクチャーデッキの発表を行っていきます!!

スポンサーリンク

最強ストラクベスト5!

ロードオブマジシャン

このデッキは魔力カウンターを使用した魔法使い族中心のペンデュラムデッキです。

切り札の創聖魔導王エンディミオンは相手の魔法・罠カードを1ターンに1度止めることが出来て尚且つ簡単にサーチや特殊召喚が可能なので初手で出すことが容易なのが強力です。

魔導創聖王エンディミオン

ペンデュラム・効果モンスター

星7/闇属性/魔法使い族/攻2800/守1700

【Pスケール:青8/赤8】

このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。 Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。 その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードの数まで、 フィールドのカードを選んで破壊し、破壊した数だけこのカードに魔力カウンターを置く。

【モンスター効果】 (1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。 自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を選んで持ち主の手札に戻し、 その発動を無効にし破壊する。 その後、手札に戻したそのカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く事ができる。 (2):魔力カウンターが置かれているこのカードは 相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。 (3):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。 デッキから通常魔法カード1枚を手札に加える。

魔導耀士デイブレイカー

リンク・効果モンスター リンク2

光属性/魔法使い族/攻1600 【リンクマーカー:左下/右下】

魔法使い族モンスター2体

このカード名の(2)(4)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。 このカードに魔力カウンターを1つ置く。 (2):このカードのリンク先に魔法使い族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。 このカードに魔力カウンターを1つ置く。 (3):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×300アップする。 (4):このカードの魔力カウンターを2つ取り除き、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

魔力統轄 通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。 その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードに、 自分のフィールド・墓地の「魔力統轄」「魔力掌握」の数まで可能な限り魔力カウンターを置く事ができる。

相手フィールド上のカードを破壊することが出来るカードと制圧のバランスが非常に良く、かなりバランスのいいデッキなのですが、弱点が一つあってナチュルビースト等の魔法カード対策をされてしまうとほとんど動けなくなってしまうのがこのストラクの弱点なので5位にしました。

最強ストラクベスト4!

このストラクは、死霊王ドーハスーラを切り札にしたモンスター効果のメタと除外を行うことが出来、アンデット族の特性を最大限に生かした何度でも墓地から蘇ってくる耐久力が非常に強力です。

更にアンデットワールドの種族変更も地味に刺さるデッキがあり、アドバンス召喚を制限する効果もデッキによっては刺さります。

死霊王ドーハスーラ

効果モンスター 星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2000

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。 以下の効果から1つを選んで適用する。 このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。 ●その効果を無効にする。 ●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。 (2):フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、 自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

屍界のバンシー

効果モンスター 星4/闇属性/アンデット族/攻1800/守 200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 フィールドゾーンの「アンデットワールド」は効果の対象にならず、効果では破壊されない。 (2):フィールド・墓地のこのカードを除外して発動できる。 手札・デッキから「アンデットワールド」1枚を選んで発動する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

アンデットワールド フィールド魔法

(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。 (2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

グローアップ・バルブ

チューナー・効果モンスター 星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。 フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、 手札に加えず特殊召喚する事もできる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

弱点としましては、切り札級のカードがドーハスーラのみなのでモンスター効果メインのデッキ以外では打点で超えられなかったりして相手のライフを削りきることが出来なかったりします。

更にドーハスーラが強力なのですがその反面相手にドーハスーラを出されても逆にアンデットワールドを利用されてしまうので死者蘇生等で簡単に盤面をひっくり返されてしまうという場面が僕個人的にはあったので4位という順位にしました。




最強ストラクベスト3!

このストラクは、転生炎獣の強化カードが大量に収録されており、非常に強力なサポートカードが収録されています。環境でも活躍するほどの実力を持つ転生炎獣で更にはストラクの中に灰流うららという強力な汎用手札誘発が収録されていますので非常に完成度が高いデッキです。

灰流うらら

チューナー・効果モンスター 星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 このカードを手札から捨てて発動できる。 その効果を無効にする。 ●デッキからカードを手札に加える効果 ●デッキからモンスターを特殊召喚する効果 ●デッキからカードを墓地へ送る効果

転生炎獣の炎陣 速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):以下の効果から1つを選択して発動できる。 ●デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を手札に加える。 ●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した 自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。 このターン、そのリンクモンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。

転生炎獣ガゼル

効果モンスター 星3/炎属性/サイバース族/攻1500/守1000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 (2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。

サラマングレイト・ロアー カウンター罠

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 (1):自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在し、 モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 (2):このカードが墓地に存在する状態で、 自身と同名のモンスターを素材として「サラマングレイト」リンクモンスターが 自分フィールドにリンク召喚された場合に発動できる。 このカードを自分フィールドにセットする。 この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

このデッキの弱点といえば、強力な切り札というカードが無いのでどうしてもストラクだけでデッキを組むという面ではパワー不足になってしまうのが弱点です。

ストラク外の転生炎獣やヴァレルロードリンクモンスター等と組み合わせるとかなり強いデッキになりますがストラクだけで考えたときにはこの三位という順位になりました。

最強ストラクベスト2!

このストラクの切り札究極伝導恐獣は攻撃力3500というかなり高い打点を持っていて尚且つ自分の墓地の恐竜族二体を除外するだけで出すことが出来るという簡単に出すことが出来る化け物級切り札です。

更に、メインフェイズのみですがフリーチェーンで相手モンスターを全て裏側守備表示にすることが出来ますし、守備表示のモンスターを攻撃したときに相手モンスターと戦闘を行うことなく破壊ではなく墓地に送り、相手ライフに1000のダメージを与えることが出来ます。

更に相手モンスター全てに一回ずつ攻撃することが出来るという破格の性能を持っています。

ストラク内では恐竜族モンスターをサポートするカードが豊富でサーチやデッキからのリクルート等が容易に行えるのでこのカードを出すのが非常に容易になっているのも強力な面です。

当時の環境ではリンクモンスターは存在しなかったので全て裏守備にすることが可能で更にフィールド魔法のロストワールドもかなり害悪で強力な性能を持っていました。

究極伝導恐獣

特殊召喚・効果モンスター 星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200

このカードは通常召喚できない。 自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。 (1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、 相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。 (2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 (3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。 相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

魂喰いのオヴィラプター

効果モンスター 星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500

「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。 (2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

ロストワールド フィールド魔法

(1):恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 (2):1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。 相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。 (3):相手フィールドにトークンがある限り、 相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。 (4):1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

生存境界 通常罠

(1):フィールドの通常モンスターを全て破壊し、 破壊した数までデッキからレベル4以下の恐竜族モンスターを自分フィールドに特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。 (2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの恐竜族モンスター1体と 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

このデッキの弱点はデッキからのサーチを行うので灰流うららに弱いところがありますが、目立った弱点が無く制限カードもなかったのでかなり大暴れしていました。

一位にするか非常に悩みましたが今回はストラクランキングでは二位という結果にしました。




最強ストラクベスト1!

このデッキはペンデュラム召喚を主軸にしたデッキで、爆アドを得やすく相手フィールド上のカードも簡単に除去することが出来る以前の環境であれば間違いなく最強のデッキです。

Pモンスターは破壊されてもEXデッキに送られて何度でも蘇る様はアンデットデッキを超える再生力です。

破壊をトリガーにサーチや相手のカードを破壊したりでき、次のターンには再び魔術師Pモンスターはフィールド上に戻ってくるので非常に強力です。

アストログラフ・マジシャン

ペンデュラム・効果モンスター 星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000

【Pスケール:青1/赤1】

このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、 自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。

【モンスター効果】 (1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、このターンに破壊された自分または相手のモンスター1体を選び、 その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。 (2):自分の手札・フィールド・墓地の、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」 「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスター1体ずつと、 フィールドのこのカードを除外して発動できる。 「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

星霧のペンデュラムグラフ 永続魔法

「星霜のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は魔法カードの効果の対象にできない。 (2):表側表示の「魔術師」Pモンスターカードが 自分のモンスターゾーン・Pゾーンから離れた場合に発動する。 デッキから「魔術師」Pモンスター1体を手札に加える。

時空のペンデュラムグラフ 永続罠

「時空のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は罠カードの効果の対象にできない。 (2):自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、 フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。

連成する振動 永続罠

「連成する振動」の効果は1ターンに1度しか使用できない。 自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。 そのカードを破壊し、その後、自分はデッキから1枚ドローする。

星刻の魔術師

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1200

レベル4「魔術師」Pモンスター×2

このカードは上記のカードをX素材にしたX召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。 (1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 自分のデッキ・墓地のモンスター及び自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から、 魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。 (2):1ターンに1度、自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに自分のデッキから魔法使い族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

エキセントリック・デーモン

ペンデュラム・効果モンスター

星3/光属性/悪魔族/攻 800/守1000

【Pスケール:青7/赤7】 このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカード以外のフィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードとこのカードを破壊する。

【モンスター効果】 このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードをリリースし、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。

ここで紹介しきれませんでしたが、Pモンスター一体一体の性能が非常に高いので事故もほとんど起こらず、全てのカードが強力なまさしく最高傑作のストラクです。

しかし、このデッキが発売されて少したってから遊戯王のルールが変更になり、Pモンスターが弱体化してしまったのが残念です。

このデッキの全盛期の弱点といえば、魔法カード対策が刺さったぐらいで後はどうにか対抗することが出来ます。

除去カードもモンスターと罠カードどちらにも存在するのでナチュルビースト等のメタカードも簡単にすり抜けていくことが出来るので万能な最強デッキということで今回は最強ストラクランキングでは1位という結果にしました。




まとめ

最強ストラクといっても、どれも個性的であって戦う相手によって有利だったり不利だったりしますので、人によって評価が全然分かれていってしまうと思うので僕の個人的ストラク評価について賛同や意見があれば是非下のコメント欄にてコメントしていってください!