スポンサーリンク

正直、十二獣の会局やドラゴニックDの制限復帰よりspyralの制限緩和の方がやばいよね?

2019年10月1日のリミットレギュレーション変更で十二獣の会局とドラゴニックDの制限復帰で話題になり、過去のぶっ壊れカードを戻していいのか!?という話題になっているのですが、それよりも深刻な問題が、【徐々にspyralが完全復活してきている】ということです。

spyralテーマも過去に環境デッキ使用率をぶっちぎりの1位を独占していた時代があり、その展開力はリンクテーマがある今では様々な強力盤面を作り出すことを可能にしてしまっています。

spyral最強の展開力

この動画は【サイヤの遊戯王チャンネル】さんのYouTube動画なのですが、今現状で確定2枚からこのような最終盤面まで持ってくることが出来ます。

SPYRALボルテックス

このカードは墓地のspyralカードを三枚除外した場合のみ特殊召喚可能なのですが、このカードは非常に強力でフリーチェーンで相手フィールド上のカードを二枚まで対象にとって破壊することが出来ます。

このカードが破壊されて墓地に送られた場合には自分のフィールド上のカードを全て破壊するというデメリットがありますが、動画を見れば分かるのですがそのデメリットもspyral gearラストリゾートの効果でほとんど気にならないものになっています。

トポロジック・ガンプラー・ドラゴン

効果モンスター2体以上 LINK-4

このカード以外のリンクモンスターがリンク先に特殊召喚された場合に発動でき、自分は手札を2枚まで捨てて、捨てた枚数だけ相手は手札を捨てます。

この効果はspyralデッキでは手札補充を簡単に行うことが出来ますし、墓地から効果を発動するカードがあるので非常に相性が良く、自分の展開補助をしながら相手の手札を捨てることが出来ます。

更にこのカードはEXリンク状態の場合にもう一つ効果を発動出来て、相手の手札を2枚まで捨てさせることが出来て、この効果で相手の手札が0になった場合に3000のバーンダメージを与えることが出来ます。

いのしし
いのしし

①と②の効果はいずれか一つしか使用することが出来ません。

トライゲート・ウィザード

トークン以外のモンスター2体以上 LINK-3

このカードが相互リンク状態のときに以下の効果を得ます。

1体以上 このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターとの戦闘ダメージで相手に与えるダメージは倍になる。

2体以上 1ターンに1度フィール上のカードを1枚対象として発動する。そのカードを除外する。

3体以上 1ターンに1度魔法・罠・効果モンスターの効果が発動したときにその発動を無効にして破壊することが出来る。

この3体以上の相互リンクは非常に難しいことなのですが、spyralデッキの展開力ならば簡単に行うことが出来るので、初手でこのカードを最大限に生かすことが可能なのでspyralデッキでのこのカードは化け物カードになります。

トロイメア・ケルベロス

カード名が異なるモンスター2体 LINK-2

このカードはリンク召喚成功時に手札を1枚捨てて相手のメインゾーンの特殊召喚されたモンスターを破壊することが出来ます。

更に、このカードがフィールド上に存在する場合には相互リンク状態のモンスターは効果では破壊されなくなります。

つまり自分のリンクモンスターは効果で破壊されることがなく、トライゲート・ウィザードで効果を一度無効にできる上にボルテックスでフリーチェーンで2枚カードを破壊することが出来るのです。

 

SPYRALGEAR-マルチワイヤー

このカードは自分フィールド上にspyralダンディが存在する場合に相手の表側表示のカードを1枚対象に発動し、そのカードをデッキの一番上に戻すことが出来ます。

spyralダブルヘリックスがいればダブルヘリックスはカード名をspyralダンディとして扱うのでこのカードの発動条件を満たすことが出来ます。

spyral先行ワンキルコンボ

spyralの展開力であれば先行ワンターンキルを行うことも可能で、ワン・フォー・ワン1枚からカタパルトタートルを使用したコンボで相手のライフを0にすることが出来ます。

これはシイーラちゃんねる。さんが載せてるYouTube動画なのですが、spyralの展開力は恐ろしいなと思わせてくれる動画です。↓

この動画では最終的にサイバースクロックドラゴンとカタパルトタートルでのコンボでワンキルを行います。非常に面白いので是非見てみてください。また、エクストラパック2019にて登場したドロドロゴンをうまく使えているのが非常に面白かったです。

サイバース・クロック・ドラゴン

「クロック・ワイバーン】+リンクモンスター1体以上

このカードは融合召喚に成功したときに、融合素材にしたリンクモンスターのリンクマーカーの数だけ自分のデッキからカードを墓地に送ることが出来て、その数×1000攻撃力がアップします。

更にフィールド上にリンクモンスターが存在する場合に相手は他のモンスターを攻撃対象・効果の対象にすることが出来なくなります。

融合召喚で召喚したこのカードが相手の効果によって墓地に送られた場合に発動出来、デッキから魔法カードを手札に加えることが出来ます。

このワンキルコンボで使用するのは①の効果の攻撃力を上げる効果です。

今回のコンボでは攻撃力を20000近くまで上げてカタパルトタートルで射出します。

カタパルト・タートル

このカードは1ターンに1ど自分フィールド上のモンスター1体をリリースしてそのモンスターの攻撃力の半分の攻撃力を相手に与えることが出来ます。

このカードのバーン攻撃で相手のライフを一撃で0にします。

ドロドロゴン

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカードは融合召喚する場合の集合素材1体の代わりになることが出来るので、サイバース・クロック・ワイバーンを融合召喚する際のクロック・ワイバーンの代わりになることが出来ます。

更に、S召喚しているこのカードは自分メインフェイズに効果を発動することが出来、融合無しで自分フィールド上のモンスターのみを使用して融合召喚を行うことが出来ます。

まとめ

今のカードプールでは大量展開を簡単に行えてしまうspyralは制圧盤面からワンキル盤面まで簡単に作り出すことが出来てしまい、今回のリミットレギュレーションでspyralカードの制限緩和は重罪人をそのまま世の中に解き放ってしまった可能性があります。

今後の環境ではまたspyral一強時代が来てしまうかもしれないので皆さん是非spyralに負けないぞ!というデッキを考えてみてください。