スポンサーリンク

【時の女神の悪戯】ターンスキップのややこしい裁定を徹底解説

スポンサーリンク

2019年9月14日にエクストラパック2019にて収録された時の女神の悪戯というカードなのですが、このカードの効果は非常にややこしく、自分の次のバトルフェイズまでターンをスキップしてしまいます。

時の女神の悪戯の裁定解説

時の女神の悪戯 速攻魔法

このカードはチェーン発動できず、このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。 (1):自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、自分バトルフェイズ終了時に発動できる。 このカードを墓地へ送る。 次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。 そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。

このカードの一番ややこしい部分であるターンスキップ、更には発動時にこのカードを墓地に送るという効果で困惑してしまう人も多いと思います。

なので今回は例題を使って解説していきたいと思います。

基本的な情報としては、時の女神の悪戯を発動する前に通常召喚権を使用していたり、1ターンに1度の効果を使用していた場合でも、時の女神の悪戯を発動後のメインフェイズ2では再び通常召喚を行ったり1ターンに1度の効果を使用することが出来ます。

Walküren Ritt

Walküren Ritt 通常魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):手札から「ワルキューレ」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 この効果で3体以上のモンスターを特殊召喚した場合、 次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージは0になる。 このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻る。 (2):墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「時の女神の悪戯」1枚を手札に加える。

Walküren Rittは、発動したターンのエンドフェイズ時に自分のフィールド上のモンスターは手札に戻ってしまうデメリットがありますが、時の女神の悪戯を発動した場合にはWalküren Rittを発動した次のターンのバトルフェイズに入っているのでこのデメリットは回避することが出来ます。

但し、次のターン終了時まで自分が受ける戦闘ダメージが0になる効果は、時の女神の悪戯を使用した際には自分のターンのエンドフェイズ時に無くなってしまうので注意が必要です。

亜空間物質転送装置

亜空間物質転送装置 通常罠

(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その自分の表側表示モンスターをエンドフェイズまで除外する。

このカードはエンドフェイズまで自分のモンスターを除外して元に戻す効果なのですが、この効果を使用したあとに時の女神を発動した場合にはエンドフェイズをスキップしてしまっているのでフィールドに戻す処理を行うタイミングを逃して除外したモンスターは除外されたままになってしまいます。

エネミーコントローラー

エネミーコントローラー 速攻魔法

(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。 ●相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。 ●自分フィールドのモンスター1体をリリースし、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。




このカードで相手のモンスター(時の女神の悪戯の発動条件上、ワルキューレモンスター)のコントロールを得た際に時の女神の悪戯を発動した場合にはその時点で次のバトルフェイズにスキップすると同時に奪ったモンスターのコントロールは相手に戻ってしまうという裁定になっています。

この辺が少しややこしいのですが、亜空間物質転送装置のような除外して帰還させる効果はタイミングを逃してエネミーコントローラーのようなコントロール奪取効果は元に戻ってしまうややこしい裁定になっていますので覚えておきましょう。

マクロコスモス

マクロコスモス 永続罠

(1):このカードの発動時の効果処理として、 手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。 (2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

時の女神の悪戯の裁定に発動後このカードを墓地に送るという効果があり、それだと墓地に送られずに除外されてしまう状況だと発動自体ができないのではないかと思ってしまいますが、マクロコスモスのような強制的に除外される状況でも時の女神の悪戯の効果を発動することが出来て、その際には墓地に送られずに除外されるものの、通常通り次のバトルフェイズまでスキップすることが出来ます。

 

光の護封剣

光の護封剣 通常魔法

このカードは発動後、フィールドに残り続け、 相手ターンで数えて3ターン後の相手エンドフェイズに破壊される。 (1):このカードの発動時の効果処理として、 相手フィールドに裏側表示モンスターが存在する場合、 そのモンスターを全て表側表示にする。 (2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 相手モンスターは攻撃宣言できない。

このカードは発動後、相手のターンで数えて3ターン後のエンドフェイズに破壊されてしまうのですが、相手のエンドフェイズが2回過ぎた後の自分のバトルフェイズで時の女神の悪戯を発動した場合には、相手の3回目のエンドフェイズはスキップされてしまったので光の護封剣の破壊される効果はタイミングを失って破壊されることなく半永久的にフィールド上に残り続けて相手の攻撃を封じることが出来ます。

まとめ

時の女神の悪戯の裁定は非常に複雑で分かりにくいものが多いのですが、その分面白い活用が出来る可能性に満ち溢れたカードなので、是非時の女神の悪戯をしようした面白いコンボをみんな考えてみてはいかがでしょうか(^^)