スポンサーリンク

プログラマーからシステムエンジニアへ転職した方の体験談

スポンサーリンク

これはプログラマーからシステムエンジニアへ転職し、給料が70%上がった方の体験談です。

 

転職は、2回していますが、それぞれ転職して良かったこと、悪かったことがあります。


まず、転職して良かったことは、給料が大幅にアップしたことです。

 

それまで、給料の未払いがあるような会社だったので、せめて安定した収入があればいいと思って転職活動をしていたのですが、エージェントの方に紹介された給料はとても高かかったです。

 

そんな、給料がもらえたら嬉しいと思い、必死に、面接を受けたのを覚えています。


そして、なんとその会社から内定をもらうことができました。給料は、それまでの70パーセントアップという給料になりました。とても、転職をして良かったと思っています。


さらに、その時の転職で良かったことは、残業時間です。転職する前は、毎日のように、残業をして、終電間際
まで働いていたのですが、転職をしてからは、ほとんど残業が無くなりました。

 

本当に、転職をして良かったと思っています。


さらには、人間関係も転職をして良くなりました。

 

転職する前は、プログラミングを一人で頑張って仕事をしていて、分からないことがあっても、聞く人がいなかったのですが、転職してからは、気軽に聞くことができる人が現れました。

 

一人で仕事をしている状態から、

チームで仕事をするという状態になり、

とても充実した仕事を送ることができました。その人間関係というのも転職をして良かったことです。


さらには、他にも転職して良かったことがあります。

 

それまでは、LEDのシステムを開発していたのですが、転職後は、通信会社のシステムエンジニアに転職しました。

 

インフラエンジニアという自分がしたかった仕事をすることができるようになりました。

 

そう考えると、2回目の転職は、あらゆる面で転職をして良かったと思えることばかりです。


そして、他にも、転職後の仕事場は、大きいビルの21階という高層階での仕事になりました。

 

高いところで、見晴らしがいい環境で仕事をすることができ、とても嬉しかったのを覚えています。


唯一その時の転職して悪かったことは、仕事場の周りに食べるところがあまりないということです。

 

転職前のときは、周りに飲食店が沢山あったので、色々とランチタイムに巡ることができました。

 

それが、唯一の息抜きだったのですが、転職後は、そんな食べる楽しみというものが無くなりました。

 


しかし、しばらく歩くと飲食店街があったので、会社が終わった後は、ゆっくりと食事を楽しむことができました。
ここまでが、大幅に良い環境へ転職することのできた2回目の転職に関することです。


次は、一回目の転職について書いていこうと思います。1回目の転職の際には、良かったことと悪かったことがありました。

 

まず良かったことは、この場合も給料が上がったことです。1回目も3割程度の給料アップが起きました。

 

逆にいえば、給料が上がるから転職をしたというのが本当のところであります。あらかじめ、転職活動をしていて、給料が上がるという条件で仕事を探していました。

 

そして、実際に、給料が上がるところを紹介してもらうことができ、無事、面接を受けることができました。

 

転職エージェントの方には、本当に感謝しています。

 

仕事環境については、少しは、転職して良くなったと思います。それまでは、社長からじかに色々な仕事を振られて、

自分自身で仕事をしていくという形でしたが、

転職後は、会社としての組織がしっかりとあり、

その中で自分の役目を与えられ、

専門的に仕事をしているという形でした

 

仕事を何でもかんでもさせられていた前の仕事と比べれば、転職後は、やるべき仕事というのがはっきりとしていて、分かりやすい状態になっていました。


さらに、他に一回目の転職で良かったことと言えば、良い会社に転職することができたというものです。

 

転職前は、社長が、口でうまくいくということが多く、なかなかプロジェクトが進まない状態でした。

 

本当に、自分のしている仕事が形になるのか疑問になっていましたが、

転職後は、仕事として、自分のしていることが、役に立っているという実感がありました。

 

そういう意味では、仕事のやりがいというものが、転職をすることで、生まれていきました。


転職して悪かった事といえば、成長という点では、転職する前の仕事の方が感じられたかと思います。

 

社長の手足になって仕事をすることで、新規事業の立ち上げについて学ぶことができましたが、

転職後は、いわゆる普通のサラリーマンという感じなので、成長に関しては、少し感じにくかったです。


その他の転職して悪かった点というのは、転職先は、給料の未払いがたまにあったことです。

 

業績が安定せずに、給料が払われないことがたまにありました。仕事をしていても、今月は、本当に給料が入ってくるのだろうかという不安に襲われながら働いていたので、それは、転職して悪かったことです。


以上が、転職して良かったこと、悪かったことです。全体的に見れば、転職して良かったことが多いです。