【遊戯王】上司に逆らい続けた女の末路(新作禁じられたストーリー)

最近Twitterのトレンドで面白いツイートを発見したので報告します。↓

また新たに禁じ手を破ったのです!!!

禁じられたストーリーは有名なのですが、今回は新規カードを含めて上司と部下バージョンで作成してみました。

禁じられたストーリー

神の宣告


聖女たちは神の下で働いていました。

こっちの世界で言う社長と従業員みたいなものです。

社長は従業員が入社したとき全員にこう告げました。

「私のいう事は絶対だ。何があっても破ってはいけない。」

従業員たちは社長の命令なので断れずに真面目に働いていました。

命じられるストレスから禁じられた星杯に手を出す


聖女の中でも真面目じゃないものもいました。

社長に命令されるのがストレスに感じてしまい、会社の中にある社長のお気に入りコレクションの星杯を盗み出して一杯のお酒を聖女はたしなみました。

このとき聖女は、罪悪感と同時にやってはいけないことをしたスリル感と目的を達成した快感に虜になってしまいます。

ロンギヌスの槍を手にする


次に聖女が盗み出したのは社長が大事にしていたロンギヌスの槍を盗み出しました。

これはあのカヲル君が所持していたATフィールドを無効化する効果を持つ槍であり、魔法・罠カードの効果を受けなくすることが出来ます。

これで神の宣告から逃れられる。この時聖女はそう思っていました。

緊急集会を行われる

 

社長は自分の大事なコレクションが自分の従業員に盗まれていることに気付き、社員を集めて緊急集会を行いました。

「もしこの中に私の物を盗んだ犯人がいるのであれば容赦はしない。」

社長はこう告げてその時の集会は収束しました。

今度は禁じられた聖衣を盗む


すると今度は、恐らく愛人の者であろう聖衣を盗み出し、社長の弱みに付け込む作戦に出ました。

聖女はもう後には引けなくなっていました。

自分の犯した罪を消すために新たな盗みを犯していったのです。

遂に厳重注意される

遂に社長にバレました。

減給です。首にならなかっただけマシなのでしょうか。

いいえ違います。

聖女はむしろこの時報復してやろうと考えました。

重要書類を盗む



聖女は会社の重要書類を盗み、この会社自体に報復をしようと考えました。

ですがそれは社長にお見通しですぐにばれていました。

前科があるので後ろを付けられていたようです。

遂に裁判を起こすことに


社長は遂に裁判を起こすことを決意します。

本格的に法で戦うことになりそうです。

しかし、この時聖女の手の中には世間にバレたくないような社長の情報を持ち出されてしまっています。

なので社長は示談という形しか取れない状況に追い込まれてしまったのです。

法で裁けぬなら私が裁きを下す


だが、腹の虫がおさまらぬ社長は裁きを下しました。

自らの手でクビにし、退職金を払わずそれどころか法ギリギリの最低賃金で聖女を追い込みました。

職を失い、落ちるところまで落ちる。


聖女は職を失い、行く当てもなく街をさまよっていました。

物乞いをする毎日。

絶望する日々。

その中で一つの手が差し伸べられました。

地獄を味わい、闇の世界で生きることを決意


闇のビジネスへの勧誘でした。

行く当ての無い聖女はついていくことしかできず、闇のビジネスへと手を染めていきました。

驚くことに聖女の下には同じように落ちた聖女たちが寄ってくるようになり、いつしか部下を持ち始めるまでになっていきました。

遂にブラック企業の社長に就任


闇のビジネスで成り上がった聖女はついにブラック企業を立ち上げた。

成り上がるため。

そしてかつての社長へ報復するために。

全ては復讐のために。

かつての社長と対立


力を手に入れた聖女は遂に元社長の前に対立しました。

かつての聖女とは比べ物にならないほどの力で元社長をねじ伏せ、元社長とその会社を破壊しました。

【NEW】ついに禁じられた一滴を手に入れる

遂に元社長への復讐を果たした聖女はその会社に残されていた禁じられた一滴を手にしました。

これから聖女はどうなっていくのでしょうか。

最後に

「禁じられた一滴ってなんだよ笑」って感じで全然思いつきませんでした笑

今までの禁じられたシリーズは物だったから何かしらに表現することが出来たけど、一滴ってなんで逆にそれだけ残ってるんだよって感じでした笑

ネットで見つけた禁じられたストーリーを社会人風にアレンジしてみました笑。

面白いな!って少しでも1mmでも思ってくれた方は是非Twitter等で拡散してください!

よろしくお願いします!

 

掲示板

遊戯王
ごるちゃんの趣味部屋