スポンサーリンク

ドラッグストア業界で働く人の体験談まとめ~転職する前に勉強しよう!~

スポンサーリンク

今回は、ドラッグストア業界で働く人の体験談をまとめていきたいと思います。

 私は長年ドラッグストア業界で働いております。
自分としては新卒の仕事から販売の仕事をしているのですが、親からは大学を卒業してまで販売の仕事なんて、
とがっかりされていたことが記憶にあるのですが、
自分としてはドラッグストア業界の悪いところも良いところもお話していきたいと思います。

 ドラッグストア業界に私が入社したのは2003年からでして、
そのころはあまり現在のようにところどころにドラッグストアが乱立しているような状態ではなかった時代です。
給料もものすごく安く、おそらく年収300万いかない状態でサービス残業も日に2時間ないし3時間はあたり前で、劣悪な環境でした。しかし皆が就職氷河期でこのような待遇の悪い会社でも何も文句をいうこともなく、
黙々と仕事をこなしていたのが記憶にあります。

 私自身はどちらかというと社交性や人づきあいそのものがあまり得意ではなく、
販売そのものに向いていないとは思っていたのですが、他の営業などに比べたらまだ働き続けることくらいはできるだろうと思いそれが見事にあたり長く働くことができました。
しかし給与は一向に上がっていく様子はない業界なのは周知の通りで全く昇給はありませんでした。
あと中卒のチンピラみたいなアルバイトとかかわることもかなり苦痛でした。
ことあるごとにレジのお金がなくなることがありました。この仕事の良いところはというと、
外の仕事ではないで寒くないところでしょうか。体を壊したりというのはよほどのことがないかぎりないかとおもいます。

 自分の勤務している会社が2009年頃に赤字転落しました。
それによって自分の周りでは追い出し部屋のような部署に飛ばされる人間がちらほらと現れるようになりました。
一人、また一人と人間が店舗スタッフから消えていき、よくわからない店舗改装の部門に左遷されていきました。
その様子を私は見て恐怖を感じるとともに「この状態はうちの会社以外でもこの不景気で起こっているのだ」という間違った認識をしてしまっていました。あとで考えると他社競合の大手はまったくそんなことはなく基本的には、無借金経営の会社もあったりと、自社の経営者が無能であることを末端の社員に押し付けているということなど、サービス残業やパワハラ、怒号の嵐で考え付くわけもありませんでした。

 結局のところ市場規模が高齢化社会によりどんどん拡大しているドラッグストア業界の中でわが社は
まったくシェアがのびることがなく業界では大手ではなく中堅というか中小企業の部類に入るような状態になってしまいました。
私の地元では業界10位の数社がこの10数年で乱立する状態になり、私は転職を決意しました。
そして大手10社の中の1社に入社することになりました。
そこはテレビコマーシャルをやっているような大手でしたのでコンプライアンスやパワハラには
とても厳しく前職と比べてもかなり働きやすい環境になりました。
自分としてはドラッグストア業界といってもここまで差があるものなのだとおもいました。
人間関係で悩んだ場合も相談場所などがネットや電話で利用することができますし、社員割引もあります。

 年収は500万に跳ね上がり、決して多くはないのですが暮らしに不自由するほどではありませんでした。
やはりこの業界で一生働きたいのであれば規模の大きいところで勤務されるのが一番よろしいのではないでしょうか。
あといいところはというと社内での恋愛結婚が多いところではないでしょうか。
皆が皆恋愛で結婚できるというわけではないのですが、比較的出会いはあるほうではないかと思います。

 高齢者ばかりの職場も多いと思いますのでそのへんはまだ恵まれているかとおもいます。
あとメリットとしてはスーツを勤務中着ないですむことです。白衣で作業しますので夏場は結構これが楽です。
スーツで汗だらだらで外回りなどはしなくてもよいですから。
あと他の業界と比べていいところは出ていくお金がすくないところもおすすめの一つです。
業界によっては人付き合いや格好などに気を使わなくてはいけないので案外どうでもいいことに
お金を使わなくてはいけないときがありますのでそういった点では
ドラッグストア業界は出費などが少ないのでそこはメリットといえます。
あとメリットは製造業などのようにきつい作業ではないことです。危険な作業などもないところも良いところだと思います。

 ドラッグストアで腕を切断したりすることはありませんし、
警察官のように犯罪者と戦ったりしなくても良いところも魅力の一つです。
当たり前のことですが体に外傷などが発生しにくいところも大きなメリットといえるのではないでしょうか。
高収入などをあきらめさえすれば私はドラッグストア業界を多いにお勧めしたいです。
ただサービス残業は売上2000億円以下の中堅企業以下な覚悟しておいたほうが良いでしょう。
あくまで商品を左から右へながすだけの作業なので人件費を湯水のように出すことはできませんので。

 ドラッグストア業界というものは、中小企業に就職するよりも、大手企業に就職すれば、そこそこに安定して稼ぐことが出来るというわけですね!!もし、将来自分がやりたいことが特にないのでしたら、ドラッグストア業界をお勧めしたいと思います!