スポンサーリンク

株式会社と個人事業主の違い徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式会社と個人事業主って何が違うの??

いのしし
いのしし

会社を立ち上げたいな!って思った時に株式会社と個人事業主は何が違うのかな?って疑問に思いますよね。今回は違いを説明していきます。

ビジネスをする上での信用の違い

株式会社を設立して企業に融資もしくは銀行に融資をして貰う際、株式会社設立と個人事業主とで大きく違う点は信用の問題が一番大きいです。

 

個人事業主の場合、少ない資金で会社を運営することができる分、一見メリットが大きそうに見えますがデメリットとしては企業を融資する側から見れば赤字額を補填する際、個人の場合は赤字を返済する期間が短くなるため法人などの会社を設立している者と比べた場合、赤字額を返済できないと個人の場合多くは会社が立ち行かなくなります。

 

そのため、赤字を補填する際、株式会社とは違い融資を受ける選択幅が少なくなりますので銀行などから融資を受けやすい株式会社などのほうが会社を後々運営する面では融資を受けることができる分有利です。

いのしし
いのしし

大きい会社ほど何かをするときに予算として融資を受けたくなるから人を雇って大きく経営していきたい!って人は株式会社の方がメリットがあるのかな!

ただし、株式会社は融資を受けやすいというメリットはあくまでも個人事業主よりも受けやすいというだけで会社の業務内容や事業によってはこの問題は後から融資を受けることができない、もしくは融資を受けることができないとされる場合もあるため一概に有利であるというわけではなくなりつつあります。

いのしし
いのしし

どちらにせよ融資を受けるには信用を得ていくしかないんだね!

確定申告が簡素なのは個人事業主


会社の利益を国に報告する確定申告書類の作成についてですが個人事業主の場合、多くは念に一度確定申告を作成するソフトウェアなどを使用すれば確定申告の書類を作成できますので確定申告が簡素化されているため深刻をしやすい点です。

 

一方、株式会社を設立すると、事業決算をするにあたり、 法人決算書・申告 をする必要があり、弁護士などを通じて書類を作成する必要があり、専門の知識が必要とされることが多く、手続きが容易ではない点です。

いのしし
いのしし

フリーランスなんかで個人でやっていく人は個人事業主の方がやりやすいのかな!

会社をたたむ際の手続き


個人事業主の場合会社をたたむ際必要な物は届出を出すだけで会社をたたむことができます。

 

一方、株式会社を設立すると解散登記、もしくは公告等が必要で両者共に数万円がかかります。

 

これは会社を始める際も個人事業主は無料で届出を出せば事業を経営することができるのに対し、株式会社設立の場合は定款作成・登記が必要 でかつ25万円以上の費用がかかります。

 

このように事業を始める際に掛かる費用なども個人事業主と株式会社では大きく異なります。

いのしし
いのしし

気軽に起業するには個人事業主、最初から事業を大きくしていく気があるなら株式会社って考えかな!

どちらの会社の作り方がよいか


個人事業主の会社の場合利点としては、簡単に設立することができ、簡単に事業を辞めることが出来るため、独立して働く分にはとてもメリットが高いです。

 

ですがデメリットしては、信用が低いため利益を上げていても融資を受け難く事業を大きくすることについては株式会社には劣ります。

 

逆に株式会社利益を上げることができると銀行などが判断した場合に置いては融資という形で利子がつきますが資金を得ることが出来、その資金を使用して様々な投資もしくは設備投資をすることができるため事業を書く出して会社を大きくしやすいというメリットがあります。

 

会社を大きくして利益を狙うのであれば株式会社がメリットがありますがそうではない場合については株式会社よりも簡単に事業を始めることが出来る個人事業主のほうが利点が大きいです。

いのしし
いのしし

会社経営って本当に大変だから、最初は勉強っていう意味で個人事業主から始めてみては良いのではないでしょうか?

税金の支払いについて

税金の支払いですが個人事業主であれば経費という形で税金を節約することができますが、株式会社の場合は逆に赤字でも法人税の均等割7万円を支払う必要があります。

 

ただしこちらは経費扱いで免除される項目が多いので経費として献上することもできます。税金面や借金の返済期間の長さに置いては株式会社のように法人の会社のほうが優遇されていますので株式会社のほうに軍配が上がります。

いのしし
いのしし

大きく稼いでいくのならば株式会社の方がメリットがありそうだね。

個人事業主と株式会社、フリーランスの違い

個人事業主は主に自分で事業をなす者で株式会社と同じ様に事業を行います。

フリーランスでも法人化をすることができますので実は株式会社と同じ様に企業や銀行から資金を調達して事業を自らこなすフリーランスの方もいるため現在ではフリーランスの方でも同じ様に株式会社と同じ様に支援を受けることができます。

ただ、フリーランスで法人化をすること自体がデメリットもあり中々法人化に踏み込めないこともあります。

特に会社が赤字でも、法人住民税の均等割を支払わなければならないため借金をしてでも会社を運営しないといけないためデメリットが大きいとされます。

借金を大きくしたくないのであれば個人事業主の方がメリットが大きいものになりますが利益を上げるとなると法人とは違うため他に融資を募り難くなる分不利になります。

気軽に会社を運営したい場合は個人事業主で税金を控え事情を拡大したい場合は株式会社の設立もしくはフリーランスで法人化を考えると良いでしょう。

ただ、会社を設立するに当たり、個人でも法人でも手続きがあり株式会社の設立などの他に個人事業主も同じ様に手間の掛かる書類を作成する必要がありますので必要に応じた書類を作成した物を提示する必要があります。

いのしし
いのしし

個人事業主だから簡単、株式会社だから大変っていう考えではなく、それぞれのメリット、デメリットを考えたうえで、自分がなりたい将来像を浮かべて行動することが大切です!