スポンサーリンク

捕食植物ヴェルテアナコンダから読み取れるシャドール新規

スポンサーリンク

今回はリンクブレインズパック3にて収録が決定した捕食植物ヴェルテアナコンダが非常に強力な融合サポートリンクモンスターなので紹介していきたいと思います。

このカードは融合を使用するデッキにはどのデッキでも採用することが出来る汎用性を持っているので融合デッキでは必須のカードです。更に汎用カードでありながらリンクモンスターなのでEXデッキに忍ばせておくだけでいいというのが高評価です。

捕食植物ヴェルテアナコンダ

リンク・効果モンスター  リンク2/闇属性/植物族/攻 500

【リンクマーカー:左下/右下】 効果モンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。 (2):2000LPを払い、 「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

このカードは効果モンスター2体で簡単にリンク召喚することが出来るリンク2のモンスターで、2000ライフコストを払うことによってデッキの融合またはフュージョン魔法カードを墓地に送ってそのカードと同じ効果になることが出来ます。

つまり、このカードは自分のデッキの中の融合を内蔵したモンスターで、超融合を自分のデッキから墓地に送った場合に手札コスト無しで超融合と同じ効果を発動することが出来ます。

ごるちゃん
ごるちゃん

デメリットで効果を発動した後はターン終了時まで特殊召喚することが出来なくなるので注意が必要です。

超融合

速攻魔法

このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。 (1):手札を1枚捨てて発動できる。 自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

捕食植物ヴェルテアナコンダの効果でこのカードを墓地に送った場合にはそのまま超融合の効果を捕食植物ヴェルテアナコンダが得るので相手のフィールド上のモンスターを素材にすることが出来ます。

更に、捕食植物ヴェルテアナコンダは相手のモンスター1体を闇属性に変えることが出来、捕食植物ヴェルテアナコンダ自身も闇属性なので相手のモンスターを素材にスターヴヴェノム・フュージョン・ドラゴンを融合召喚することが出来ます。

スターヴヴェノム・フュージョン・ドラゴン

融合・効果モンスター 星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000

トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2

(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、 その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。 (2):1ターンに1度、相手フィールドの レベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。 エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。 (3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

捕食植物ヴェルテアナコンダとシャドール

捕食植物ヴェルテアナコンダの効果の特徴を大まかにまとめると、相手の属性を闇属性に変えることとデッキの融合カードになれるところなのですが、融合テーマで12月に強化されるのが決定しているテーマがあります。

【シャドール】は12月にストラクチャーデッキとして発売されることが決定し、捕食植物ヴェルテアナコンダが採用されることも容易に想像できます。

そこで、今回の捕食植物ヴェルテアナコンダの登場によって読み取れるシャドール新規カードを予想します。

シャドールはデッキから融合召喚することが出来る影衣融合や、強力な制圧力と爆アド力を持つ融合モンスターが揃っています。

影依融合 通常魔法

「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。自分の手札・フィールドから 「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、 自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

エルシャドール・ネフィリム

融合・効果モンスター 星8/光属性/天使族/攻2800/守2500

「シャドール」モンスター+光属性モンスター

このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。 (1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。 (2):このカードが特殊召喚されたモンスターと 戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。 そのモンスターを破壊する。 (3):このカードが墓地へ送られた場合、 自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。

エルシャドール・ミドラーシュ

融合・効果モンスター 星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守 800

「シャドール」モンスター+闇属性モンスター

このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。 (1):このカードは相手の効果では破壊されない。 (2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。 (3):このカードが墓地へ送られた場合、 自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。




 

シャドール融合モンスターの特徴としましては、シャドールモンスターと各属性モンスター2体での融合になるので素材の指定が非常に緩いです。

今回の捕食植物ヴェルテアナコンダの登場によって考えられるのは新規のシャドール融合モンスターのシャドール+闇属性の新規融合モンスターが濃厚かなと考察します。

更に、捕食植物ヴェルテアナコンダの効果でデッキの融合またはフュージョンカードと同じ効果になれるのでシャドール名称の融合で相手のモンスターも素材にすることが出来る融合か、墓地で効果を発動できる性能を持った新規融合カードが来ると予想します。

まとめ

捕食植物ヴェルテアナコンダの登場とシャドールが融合テーマということで、マッチした新規カードが来る可能性は非常に高いと思われます。

まだはっきりしていないこの段階で強力な汎用リンクモンスターの捕食植物ヴェルテアナコンダを入手しておきましょう!