スポンサーリンク

【新旧ぶっこわれ獣戦士テーマ】十二獣炎星テーマの相性まとめ

今回は2019年10月のリミットレギュレーションによって制限復帰を果たした【十二獣の会局】を存分に発揮できるような混合テーマを紹介していきたいと思います。

昔は十二獣が環境を独占していた時代もあり、その強さは本物なのですが、十二獣の主力モンスターがいまだに禁止カードなのでどうにか他のテーマと組み合わせて回していきたいということで、同じ獣戦士族で最近強化された【炎星】と組み合わせていきたいと思います。

十二獣主力カード

十二獣の会局

このカードは自分のフィールド上の表側表示のカードを対象として発動し、そのカードを破壊してデッキから十二獣モンスターを特殊召喚することが出来る永続魔法です。

自分の破壊したいモンスターを破壊してデッキから十二獣モンスターを特殊召喚することが出来ますし、このカード自身を破壊してこのカード一枚からデッキの十二獣モンスターのリクルートに繋げることもできるので前環境ではぶっ壊れカードとして大活躍していました。

今回のデッキでは、このカードで炎星モンスターを破壊しながらアドを取りつつ大型モンスターを展開していくというデッキです。

 

十二獣モルモラット

このカードは召喚成功時にデッキから十二獣カードを墓地に置くことが出来るので、このカードを召喚してデッキから【十二獣の会局】を墓地に置いておきましょう。

②のモルモラットをデッキから特殊召喚する効果は、このカード自身が制限カードになってしまっているので実質効果が無いに等しい状況になっています。

十二獣ラビーナ

このカードは戦闘・効果で破壊されたときに自分の墓地から十二獣カードを手札に加えることが出来るので、このカードを能動的に破壊して墓地から【十二獣の会局】をサーチするようにしましょう。この辺のシナジーは、炎王の孤島で能動的に破壊していくのが良いでしょう。

更に、このカードをX素材としている元々の種族が獣戦士族Xモンスターは、「このカードを対象とする魔法カードの効果が発動したときに、X素材を一つ取り除いてその発動を無効にする。」という効果を得ます。

十二獣ヴァイパー

このカードは自分の獣戦士族Xモンスターを対象に手札・フィールド上に存在するこのカードを対象にしたXモンスターのX素材として下に重ねることが出来ます。この効果はフリーチェーンで発動することが出来て、このカードをX素材にしている元々の種族が獣戦士族Xモンスターが相手モンスターを戦闘を行ったダメージ計算後に相手モンスターを除外することが出来ます。

ポイントはフリーチェーンでこのカードをX素材にすることが出来るので、戦闘を行うタイミングでこのカードを素材にすることが出来れば相手モンスターを道ずれにすることが出来ます。

十二獣サラブレード

このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に、手札の十二獣カードを一枚墓地に送って1ドローすることが出来ます。この効果は手札の余ってしまった十二獣カードを新たなカードに交換することが出来るので展開を円滑にしていくのに非常に便利なカードです。

更に、このカードをX素材にしている元々の種族が獣戦士族Xモンスターの場合、守備表示モンスターを攻撃した場合に貫通ダメージを与えれるようになります。

十二獣ライカ

このカードは十二獣ライカ以外の十二獣モンスターの上に重ねてX召喚することが出来、素材とした十二獣モンスターの攻撃力の合計がこのカードの攻撃力になります。

また、1ターンに1度このカードのX素材を取り除いて自分の墓地から十二獣モンスターを効果を無効にして特殊召喚することが出来ます。

このカードの効果でフィールドのアドを取っていきましょう。

十二獣タイグリス

このカードは、自分フィールドの十二獣タイグリス以外の十二獣モンスターの上に重ねてX召喚することが出来、このカードの攻撃力は素材にした十二獣モンスターの攻撃力の合計になります。

このカードはエクシーズ素材を一つ取り除いて自分のフィールド上のXモンスターに自分の墓地の十二獣モンスターを、X素材として下に重ねることが出来ます。

このカードで十二獣ヴァイパーを重ねて効果を強化したり、十二獣モンスターの攻撃力アップを行うことが出来ます。

十二獣ワイルドボウ

このカードは自分フィールド上の十二獣ワイルドボウ以外の十二獣モンスターの上に重ねてX召喚することが出来、素材にしている十二獣モンスターの合計が攻撃力になります。

このカードのX素材の枚数が12枚以上ある場合に戦闘ダメージを与えたときに相手のフィールド・手札のカードを全て墓地に送ることが出来る豪快な効果を持っています。

基本的には発動条件を満たす場面はほとんど来ないのでこのカードは十二獣Xモンスターを重ねていく上での繋ぎに使用していくと良いでしょう。

十二獣ハマーコング

このカードは自分フィールド上の十二獣ハマーコング以外の十二獣モンスターの上に重ねてX召喚することが出来、このカードの攻撃力は、X素材の十二獣モンスターの攻撃力の合計分になります。

X素材を持ったこのカードがフィールド上に存在する限り、このカード以外の十二獣モンスターを相手は対象に取ることが出来なくなります。

エンドフェイズ時にこのカードのX素材を一つ取り除きます。

このカードの効果はあまり強くないので十二獣Xモンスターを召喚していく上での繋ぎにしていくと良いでしょう。




炎星主力カード

炎星仙-ワシンジン

獣戦士モンスター2体

このカードがフィールド上に存在する場合に、自分の炎星モンスターの効果を発動する時に自分の炎星または炎舞カードを墓地に送るコストを無くすことが出来ます。

なので、炎星モンスターの重いけど強力な効果がノーコストで発動可能になってしまいます。

更に1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の炎舞魔法・罠カードを手札に戻すことが出来、デッキから炎星モンスターを墓地に送ることが出来ます。

炎舞魔法カードは発動時に効果を発動した後にフィールドに永続魔法として残るので、このカードの効果で手札に戻してもう一度使用することが出来ます。

魅炎星王-ソウコ

獣戦士族レベル4モンスター×2

このカードのX召喚に成功した場合にデッキから炎舞魔法・罠カードをデッキから自分のフィールド上にセットすることが出来ます。炎舞魔法カードの場合はセットしたターンでも発動する気音が出来ますので実質的なサーチ効果です。

更に、1ターンに1度このカードのX素材を取り除いてフィールド上の獣戦士族以外のモンスター効果を無効にすることが出来ます。

このカードがフィールド上から墓地に送られたときにフィールド上の炎舞魔法・罠カードを3枚墓地に送ってデッキから同じ攻撃力のレベル4以下の獣戦士族モンスターをデッキから2体特殊召喚することが出来ます。

このデッキから特殊召喚する効果は非常に強力なのですがコストが非常に重いのです。ですが、フィールド上に炎星仙-ワシンジンが存在する場合にノーコストでデッキから獣戦士族モンスターを特殊召喚することが出来ます。

間炎星-コウカンショウ

炎星と名の付いたレベル4モンスター×2

このカードはX素材を2つ取り除いて自分のフィールド・墓地から炎舞または炎星カードを手札に戻して相手フィールド・墓地のカードを2枚選択してデッキに戻すことが出来ます。

炎星の展開力ならこのカードを出すのが容易なので、状況に応じてこのカードを出して相手のカードを除去していきましょう。

暗炎星-ユウシ

このカードが戦闘ダメージを相手に与えた場合にデッキから炎舞魔法・罠カードをフィールド上にセットすることが出来ます。

更に1ターンに1度自分フィールド上の炎舞魔法・罠カードを墓地に送ってフィールド上のカードを1枚破壊することが出来ます。

この効果も炎星仙-ワシンジンがフィールド上に存在する場合にはノーコストでフィールド上のカードを破壊する効果を行うことが出来ます。

微炎星-リュウシシン

このカードは、1ターンに1度炎舞魔法・罠カードが発動した場合にデッキから炎舞魔法・罠カードをフィールドにセットすることが出来ます。

更に1ターンに1度自分フィールド上の炎舞魔法・罠カード2枚を墓地に送って自分の墓地から微炎星-リュウシジン以外の炎星モンスターを特殊召喚することが出来ます。

この効果も炎星仙-ワシンジンがフィールド上に存在する場合にはノーコストで墓地から炎星モンスターを特殊召喚することが出来ます。

殺炎星-ブルキ

このカードが墓地に存在する場合に1ターンに1度自分の手札・フィールド上の炎舞魔法・罠カードを墓地に送って墓地から特殊召喚することが出来ます。

この効果も炎星仙-ワシンジンが存在する場合にノーコストで墓地から特殊召喚することが出来ます。

炎舞-「天キ」

このカードの発動時の処理としてデッキからレベル4以下の獣戦士族モンスターを手札に加えることが出来ます。このカードで十二獣ラビーナをサーチすることで墓地から十二獣の会局を手札に加えやすくなりますし、十二獣モルモラットをサーチすれば十二獣の会局を墓地に送ることが出来ます。

また、単純に炎星モンスターをサーチして展開していくことも可能なのでこのカードはこのデッキの潤滑性を高めることが出来ます。

更に永続魔法なので炎星仙-ワシンジンで手札に戻せばもう一度発動することが出来ます。

 

炎舞-「天枢」

このカードがフィールド上に存在する場合にメインフェイズに一度通常召喚に加えて獣戦士モンスターを召喚することが出来るようになります。

このデッキでの召喚権プラスは非常にありがたい効果なのでデッキには三枚投入しても良いでしょう。




サポートカードと切り札

炎王の孤島

自分メインフェイズに一度、自分の手札・フィールド上からモンスターを1体破壊してデッキから炎王モンスターをサーチすることが出来ます。

この効果で魅炎星王-ソウコを破壊してデッキから獣戦士族モンスターを2体展開しながら炎王モンスターをサーチしていきましょう。

ただし、このカードが破壊された場合に自分フィールド上のモンスターが全て破壊されてしまうので早急にこのカードを手札に戻せるように工夫しておきましょう。

いのしし
いのしし

炎星ではなく炎王なので注意!

炎王獣ガネーシャ

このカードがフィールド上に存在し、モンスターの効果が発動した場合に発動できる。そのモンスター効果を無効にしてこのカード以外の手札・フィールド上の炎属性モンスターを破壊する。

このカードが破壊された場合に炎王獣ガネーシャ以外の獣戦士・炎族モンスターを墓地から特殊召喚することが出来ます。そのモンスターの効果は無効化されエンドフェイズ時に破壊されます。

このカードが破壊されたときの効果は炎星とのシナジーが抜群なので、十二獣の会局や炎王の孤島で破壊してアドを取るようにしましょう。

炎王獣ヤクシャ

このカードは炎王と名の付くカードが破壊された場合に手札から特殊召喚することが出来、このカードが破壊された場合に自分の手札・フィールド上のカードを破壊することが出来ます。

熱血戦士ウルフバーク

このカードは1ターンに1度自分の墓地の獣戦士・炎属性・レベル4モンスターを効果を無効化して特殊召喚することが出来ます。

このカードは炎属性の獣戦士族なので様々な展開から特殊召喚することが可能でこのデッキでは展開していく上で非常に便利なカードです。

鳥銃士カステル

 レベル4モンスター×2

このカードはX素材を1つ取り除いてモンスター1体を裏側守備表示にすることが出来、X素材を2つ取り除けば表側表示のカードを1枚デッキに戻すことが出来ます。

遠回りになってしまいますが、展開を大量に行った後にはこのカードで炎王の孤島をデッキに戻して自分のモンスターを全て破壊されるリスクを回避しておきましょう。

無限起動要塞メガトンゲイル

Xモンスター3体

このカードはXモンスター以外の効果を受けず、Xモンスター以外の戦闘では破壊されることはありません。

1ターンに1度、自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールド上のカード1枚を対象として発動し、Xモンスターを特殊召喚してしてのカードを素材として下に重ねることが出来ます。

この効果を使用したターンは相手が受ける戦闘ダメージは半分になります。

このデッキでは十二獣Xモンスターは簡単に出すことが出来ますし。炎星モンスターの大量展開でゴリ押しでXモンスターを大量展開することが可能なのでこのカードに繋げるのは意外と容易にできます。

まとめ

このデッキでは展開方法はたくさんありますが、炎王の孤島や十二獣の会局をうまく利用しながらモンスターを大量展開していき大型モンスターに繋げていきましょう!

回してみれば分かるのですが、簡単にモンスターを展開しながら相手の除去も行うことが出来るので非常に面白い組み合わせです。