2020年4月のリミットレギュレーションで環境がガラリと変わりそう

今年の4月からマスタールール5が適用されてシンクロ・融合モンスターがかなり出しやすくなります。

リンクモンスターが出る前の環境では、シンクロモンスターを好きなメインゾーンに出すことが出来たので、簡単にシンクロソリティアを行うことができ、TGハイパー・ライブラリアンを場に出しておけば大量にドローをすることが出来ました。

TGハイパー・ライブラリアン

シンクロ・効果モンスター 星5/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1800

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカードがフィールドに存在し、自分または相手が、 このカード以外のSモンスターのS召喚に成功した場合に発動する。 このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、 自分はデッキから1枚ドローする。

2020年4月のリミットレギュレーションでは禁止カードがかなり増えるのではないでしょうか?

禁止になりそうなカード

まず最初に紹介したTGハイパーライブラリアンは僕的に濃厚だと思います。

今の環境で連続ドローはもう許されないでしょう。

あとは可能性がありそうなのはジェットシンクロンですかね。

ジェットシンクロン

チューナー・効果モンスター 星1/炎属性/機械族/攻 500/守 0

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 (1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。 (2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

このカードもかなり強力なコンボに用いられるのですが、一応禁止候補には入れておきますが多分制限止まりではないかな?っては思います。

息を吹き返すカード

シンクロモンスターならば、コズミックブレイザードラゴンや、シューティングクェーサードラゴンなんかが出しやすくなりますね。

コズミックブレイザードラゴン

シンクロ・効果モンスター 星12/風属性/ドラゴン族/攻4000/守4000

Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上

このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。 (1):フィールドのこのカードをエンドフェイズまで除外して 以下の効果から1つを選択して発動できる。 ●相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 ●相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。 それを無効にし、そのモンスターを破壊する。 ●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。

シューティングクェーサードラゴン

シンクロ・効果モンスター 星12/光属性/ドラゴン族/攻4000/守4000

Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上

このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。 (1):このカードは、そのS素材としたモンスターの内、 チューナー以外のモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。 (2):1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 (3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた時に発動できる。 EXデッキから「シューティング・スター・ドラゴン」1体を特殊召喚する。

また、個人的にはSNo.0ホープ・ゼアルやNo.93希望皇ホープカイザーがマスタールール5の時代では活躍して欲しいなあって願望があります笑

 

SNo.0ホープ・ゼアル

エクシーズ・効果モンスター ランク0/光属性/戦士族/攻 ?/守 ?

同じランクの「No.」Xモンスター×3

ルール上、このカードのランクは1として扱う。 このカードは手札の「RUM」通常魔法カード1枚を捨て、 自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。 (1):このカードのX召喚は無効化されない。 (2):このカードのX召喚成功時には、相手は効果を発動できない。 (3):このカードの攻撃力・守備力はこのカードのX素材の数×1000アップする。 (4):相手ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 このターン相手は効果を発動できない。

 

No.93希望皇ホープカイザー

エクシーズ・効果モンスター ランク12/光属性/戦士族/攻2500/守2000

X素材を持った同じランクの「No.」Xモンスター×2体以上

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 このカードのX素材の種類の数まで、 エクストラデッキからランク9以下で攻撃力3000以下の 「No.」モンスターを効果を無効にして特殊召喚する(同じランクは1体まで)。 その後、このカードのX素材を1つ取り除く。 このターン、相手が受ける戦闘ダメージは半分になり、 自分はモンスターを特殊召喚できない。 (2):自分フィールドに他の「No.」Xモンスターが存在する限り、 このカードは戦闘・効果では破壊されない。

リンクモンスターも強化される

更に、リンクモンスターの中にはXモンスター3体を素材とする強力な効果を持った無限起動要塞メガトンゲイルが存在します。

無限起動要塞メガトンゲイル

リンク・効果モンスター リンク3/地属性/機械族/攻4000

【リンクマーカー:右/左下/右下】 Xモンスター3体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、 このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、 Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。 (2):自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とする。 この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

Xモンスターもメインモンスターゾーンに出すことが出来るので今後このカードが活躍して行くのでは無いでしょうか?

まとめ

マスタールール5は大幅な緩和と共に、リミットレギュレーションのてかなりの制限がかかってしまう事が予想されます。

同時に強化されるカードもたくさん存在するので、今後のリンクモンスターとその他のEXモンスターの共存する環境が非常に楽しみです!

あ、Pモンスターは緩和されませんでしたね笑

掲示板

遊戯王
ごるちゃんの趣味部屋