今のところ新規シャドールは微妙かな??

先日シャドールストラクに収録される新規シャドールモンスターが発表されたのですが、まずはそのモンスターについて紹介していきたいと思います。

シャドール新規

エルシャドール・アプカローネ 融合・効果モンスター

星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000

属性が異なる「シャドール」モンスター×2

このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。 このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが特殊召喚に成功した場合、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果を無効にする。 (2):このカードは戦闘では破壊されない。 (3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。 その後、手札を1枚選んで捨てる。

新規のシャドール融合モンスターなのですが、属性が異なるシャドールモンスターの融合ということで、正直使い勝手が悪くなってしまいました。

シャドールは基本的には闇属性モンスターなので属性の異なるシャドールモンスターとなると新規の影依の巫女エリアルぐらいでしか融合素材に出来ない(EXデッキのシャドールを除く)ので、出すタイミングが他のシャドール融合モンスターに比べて少なくなってしまいます。




また、効果自体も相手の効果モンスター1体の効果を無効にするぐらいで地味な効果ですし、このカードが墓地に送られたときにデッキ・墓地からシャドールカードをサーチする効果は強力なのですが、果たしてこのカードを出してまでデッキのシャドールカードをサーチする必要があるのか、エルシャドール・ネフィリムで十分じゃないのかと思ってしまうので、今後の新規カードに期待したいですね。

影依の巫女エリアル リバース・効果モンスター

星4/水属性/サイキック族/攻1000/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はいずれか1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードがリバースした場合、 除外されている自分の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 (2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、 お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。 そのカードを除外する。

このカードは今までのシャドールと違い、除外ゾーンを活用しながら展開していくカードです。

ここから予想できるのは、新規シャドールは除外ゾーンのカードを利用したカードが出てくると予想できます。

もし新規で除外を活用するシャドール新規が出なければ正直この影依の巫女エリアルがシャドールデッキで活躍するのが想像できません(笑)

まとめ

今の所現環境でトップを目指せるほどのポテンシャルを秘めた新規シャドールは出ていないので、これからの新規シャドールに期待ですね!

中でも除外を活用したシャドールは新しくて環境トップを取れる可能性を秘めていそうなので個人的には除外を活用したシャドールが出てほしいです!

 

おまけ(時間が無い人は見なくて大丈夫です。)

みなさんはしっかりと運動されていますでしょうか?

僕はよく遊戯王カードで遊ぶためにショップのデュエルコーナーで遊んだりするのですが、そこにいる人たちのイメージってあまり良くないですよね。

僕が良く耳にするのは、「オタク」や「根暗」等々の印象を周りの方に与えていることが多いです。

これって本人たちの自由で楽しく遊ぶ分には全然気にしなくて良いと思います。

でも、なんでオタクや根暗が悪いイメージがあるかというと、弱弱しいからなんです。

やんちゃな人たちがカードゲームとかやっていたら、なんか怖くて近づけないし悪口なんかも言えないですよね。

せっかくカードゲームで楽しんでるのに、そんな悪口が聞こえてきたら気分も落ち込んでしまいます。

このイメージを変えるためには何が出来るのでしょうか?

男性の場合には、筋肉があるか無いかによってかなり印象が変わっていきます。



同じ人でも太っていたころよりも筋肉質になったほうがモテたという実績もたくさんあるぐらい、筋肉をつけるというのは非常に良いイメージアップになるのです。

【楽天ランキング受賞商品】家庭用EMSスーツ「Active」というスーツがあるのですが、これは着るだけで一日30分で全身の筋肉を無駄なく鍛えることが出来ます。

つまり、カードゲームをしながら全身を鍛えることが出来てしまうのです。

楽天ランキングを受賞し、三冠を達成している実績を持つこのスーツなら安心できるメーカーなので最近運動不足だなと思った方や、カードゲームをしていて馬鹿にされたことがある経験がある方は是非試してみてはいかがでしょうか?