スポンサーリンク

貯金に対する考え方

スポンサーリンク
貯金は今後とても大切になる

 どの時代も、貯金というものはとても大切なものでした。
しかし、今の経済状態では年金がどうなるかもわかりません。
今の若い世代の人たちは、実際に年金がもらえるかどうかもわからなくなりました。
かつては年金だけで生活できる時代がありました。貯金がなかったとしても、
毎年生活するのに十分な年金をもらっていた人たちがいたのです。
その世代の人たちは、たとえ貯金がなくても何の問題もなく生活することができました。
しかし、今の若い人たちにとってはそうではありません。貯金がなければ生活ができない、年金だけでは生活できない、という時代がやってきます。しかも、今はどれだけ仕事がんばっても簡単に年収が上がるということがなく、貯金をするにも一苦労という人もいるでしょう。

 最近では大学の時に奨学金を借りていた人たちが奨学金を返済できない、
というトラブルを抱えています。
だからこそ、これからの時代は貯金がとても大切になるのです。
貯金ができないから、と諦めていてはいけません。定年になるまでにいくらお金を貯めることができたか、ということこそ、自分の老後の生活を決めるのです。

少しでも多く貯金をするために

 収入がないから貯金ができないと言ってはいられません。
少しでも多くのお金を残すために、いろいろな対策をする必要があります。
まず、しっかりと貯金をするためには最低でも口座を3つ持つようにしましょう。
生活費を入れておくための口座、結婚式や葬儀があった場合の臨時出費を出すための口座、
そして貯蓄用の口座を用意します。多くの人は収入を得たとき、残りを貯蓄に回そうとしがちですが、
それではお金はたまりません。
お給料もらった時、最初からいくら貯めておきたいと決めておいた金額をさっさと貯蓄用の口座に移しましょう。

 そして残ったお金で生活をする、とします。このようにすればお金を貯めていくことが可能です。
そして、くれぐれも貯蓄用の口座からお金をおろしてはいけません。そんなことをしてしまえば、
貯金ができなくなってしまいます。最初に貯蓄するだけのお金を取り除くということを忘れないようにしましょう。
余った金額を貯金に回そうとしても、それでもうまくいきません。


無駄を省くことも大切

 うまく貯蓄をするためには、自分の生活を見直して無駄がないか見直すことも大切です。
実は、高収入の独身女性はなかなか貯金ができないとも言われているのです。それはいったいなぜなのでしょうか。
高収入の独身女性がお金を費やすところは、スターバックスなどの喫茶店、そしてタクシー代だと言われています。
お金があるために余裕があり、スターバックスなど、お金が比較的かかる場所に平気で入ってしまうのです。
そして残業などで遅くなった場合、タクシーで家に帰るということをしてしまうため、お金がなかなかたまりません。

 つまり、収入が多いからといってお金が貯まるとは限らないのです。
このような無駄は誰にでも存在するものです。例えば、会社の社食で食事をしたり、コンビニ弁当を買ったり、
ということをすればどうしても出費になります。そうではなく、例えば残り物でも良いからお弁当箱に詰め、
職場に持っていけばお昼ご飯を節約することができます。確かに、外食をする方が華やかに感じるかもしれませんが、
外食をすればそれなりにお金がかかるのです。
かといって、本当に必要なものを節約する必要はありません。例えば、洋服などは中古品を購入しても良いでしょう。
そのほうが安くすみますし、最近では中古のものであってもそれなりに良いものがたくさんあります。
子供服等はすぐに着られなくなってしまうため、できるだけ安く済ませたいと思う人も多いかもしれませんね。

 食費も同様です。食費はどうしてもかかりがちですが、だからといって贅沢をしていればすぐにお金がなくなります。
例えば閉店間際のスーパーに行って安くなった商品を購入したり、セール品を購入したりなど、
出来る限り安くなったものを購入するという工夫は大切です。
また、可能なものは冷凍庫で保存し、長期間保存するということも良いでしょう。

子供の教育のことも考えよう
日本は、出産にはあまりお金がかからないと言われています。
しかし日本国内における教育費は世界的にも高いと言われており、子供がいればそれだけお金がかかります。

 そのため、子供がいる人は特にお金を貯める必要があります。
しかし、子供が学校に行き始めるまではたいしてお金はかかりません。
ですから、子供が学校に行き始めるまでにお金を貯めるという工夫も大切です。
特に子供が小さな家は洋服などもすぐに着られなくなってしまいますので、
そのようなものは中古品を購入するという工夫も良いでしょう。
子供のためにものを購入することも多くなりますが、出来る限り節約する工夫が重要です。
子供が学校に行き始めれば、どうしても学費等でお金がかかります。
さらに習い事を始めたり、部活などで出費があるということもあるでしょう。
そのようなものはなかなか節約できないですので、子供が小さな家にお金を貯める工夫が必要です。